仏壇購入時期は葬儀後じっくり考えればいい

人がお亡くなりになると葬儀を行いますが、葬儀が終わると仏壇を購入しないといけないと仏壇購入時期を考えたり、納骨の時期はいつにしようかと色々なことを考えます。近しい人が亡くなり気持ちが落ち込んだ状態でも、少しずつ行っていくべきことです。

高齢の方などは早く納骨してあげた方がいいとか、仏壇購入時期に関しても四十九日までに用意してあげるべきだとか、色々な意見があると思います。ただ、仏壇購入時期に関してはこうすべきという期日も決まりもなく、ご遺族の気持ちに添って行うべきこととなるのです。そのため、周囲がこうしたから、あの人はこうだったからと周りに惑わされる必要はまったくありません。

悲しみの心が少しでもおさまってきて、そろそろ色々と手を出さないといけないな、という気持ちになってからで十分です。気持ちが落ち着いてから、今まで手を付けていなかったことを少しずつ行い、その後、仏壇購入時期を考えればいいと思います。

仏壇の購入には費用も掛かりますし、自宅のどこに置くかなど、決めておくことも必要です。ご家族でしっかり話し合うことも大切となるので、心が落ち着く前に決める事はありません。仏壇は長く利用するものとなるので、焦ることなく納得のいく仏壇を購入しましょう。