葬儀後、仏壇購入時期を四十九日に合わせる

葬儀の際に初七日まで済ませてしまうご遺族が多くなっています。葬儀が終わってからすぐに初七日の追善供養のために集まってもらうのは忙しい中申し訳ないという考え方からです。初七日の追善供養を先取りしたら、次の大きな法事は四十九日となります。

四十九日には仮位牌となっている葬儀の際に利用した白木の位牌から、本位牌に魂入れを行う日です。この四十九日の日を区切りとして仏壇購入時期を合わせるご遺族も多いです。四十九日には仮位牌から本位牌に魂入れを行うため、本位牌を仏具店に依頼する必要があります。この時一緒に、仏壇、仏具など一式を取りそろえるというタイミングです。

仏具店に本位牌を作ってもらう依頼をすることもあるので、どうせなら仏壇仏具も一緒に買っておくという考えで、ここまでに済ませておくべきことという事ではありません。しかし、四十九日までは葬儀後、あっという間に過ぎるものでご遺族の気持ちはまだ悲しみの中という事もあります。

無理をさせて区切りとしなくてもゆっくりと考えていけばいい事です。伴侶だったりお子さんだったり、お亡くなりになった方の結びつきが強ければ強いほど悲しみは深くいえるまでに時間がかかります。仏壇購入時期はその家なりで考えていけばいい事です。