葬儀後以外に考える仏壇購入時期と買い替え

すでにご家庭に仏壇があるという場合でも、かなり古くなっているため、ご家族がお亡くなりになった時、買い替えを考えることもあります。また昔ながらの大きな仏壇ではなく、現代風でインテリア性の高い仏壇にしたいと買い替えを考えるご家庭もありますし、自宅を新築されるときに仏壇も買い替えるというご家庭も少なくありません。

ご家族がお亡くなりになり、仏壇に向かう機会も多くなった時、古い仏壇ではなくきれいな仏壇に入れてあげたいなと思うご家族も多いでしょう。そんなタイミングを仏壇購入時期とするご家庭もあるのです。葬儀が終わってからじっくりご家族と相談しながら、仏壇購入時期を考えてもいいでしょう。

葬儀が終わってからご家族と相談し、買い替えのタイミング、仏壇購入時期が決まったら、供養についても考える必要があります。通常ほとんどの宗派で仏壇を購入した場合、魂入れ、開眼供養などが行われます。仏壇を処分する際にも魂抜きが必要とされますし、買い替えする場合も、魂抜きを行い新しいものへ魂入れが必要とされています。

葬儀が終わってから仏壇購入時期を考える時、すでにある仏壇の買い替えという事なら、菩提寺にも開眼供養などお願いする必要があるのです。仏壇購入の前に、お寺さんに買い替えに関してお話を聞きに行くと安心でしょう。